私たちがワンちゃんネコちゃんそしてご家族のためにできること

  • HOME
  • 予防と健康管理
  • 予防と健康管理
  • 日常のケア
  • 避妊・去勢・一般手術
  • 先進医療

予防と健康管理

定期健康診断

ワンちゃんネコちゃんは
1年に4~6歳年をとります。

ワンちゃんネコちゃんにとっては、1年に1回の健康診断も人間に換算すると約5年に1回の割合と同じ頻度となります。特に中・高年期以上では、年1回の健康診断は決して十分とはいえません。当院では、年に数回の健康診断をオススメします。

幼年期からぜひ定期的に
健康チェックを行ってください。

定期的な健康チェックを通じて普段の体調や各検査の値を飼い主様と病院が共有していれば、ちょっとした体調の変化にも早く気付くことができ、病気の早期発見、早期治療に結びつきます。また、万が一重大な病気やケガが生じた場合でも、ワンちゃんネコちゃんの体質や体調の変化を把握しやすく、迅速かつ適切な治療を行うことが可能になります。

具体的な検診内容

  • 成長期(~1歳の猫・中型犬、~2歳の大型犬)※検査時期は病院と相談
    成長期には歯や骨などが正常に発育しているかチェックが必要です。
  • 青年期~成人期(2~5歳位)※年1~2回の検査
    若くて元気な時の正常値を知っておくことが今後の役に立ちます。
  • 中・高年期(5~7歳位)※年2回程度の検査
    がんや心臓病などの成人病に対する検査に加えレントゲン検査も有効です。
  • 高齢期(8歳~)※年2回以上の検査
    動物の体調や状態によって必要な検査を病院と相談して検査しましょう。

一般的な健康診断

  • カウンセリング(問診)
  • 身体検査
  • 血液検査
  • ウイルス検査(猫)
  • 尿検査
  • 糞便検査

精密検査(特に高齢になったら受診をおすすめします)

  • 心電図検査
  • レントゲン検査
  • 超音波(エコー)検査
  • 体の各部位の詳しい検査(皮膚検査・歯科検査・眼科検査など)

Dog Dock/Cat Dockのご案内

  • Aコース(一般で行われる検査内容です)
    一般身体検査:聴診・触診・目・耳・お口の簡単なチェック
    血液検査:全血球検査・生化学検査13項目
    糞便検査:便を持参(浮遊・直接検査)、持参無し(直接検査のみ)
  • Bコース(Aコースに加え更に詳しい検査をプラス)
    尿検査
    胸部レントゲン
  • Cコース(Bコースに加え更に詳しい検査をプラス)
    腹部全体の超音波検査
    腹部レントゲン2枚(大型犬は4枚になる場合があり1枚につき単価有り)
  • Dコース(Cコースに加え個別検査をする場合)
    アレルギー検査
    甲状腺ホルモン検査
※完全予約制で日中預かり検査になります。検査当日の朝は絶食してください(飲水は可能)。検査頭数に限りがありますのでお早めにご予約ください。

予防接種(ワクチン)

命にかかわる伝染病から、
ワンちゃんネコちゃんを守ります。

年に一度のワクチン接種によって、致命的な伝染病の予防につながります。

狂犬病ワクチン
日本でも、狂犬病の脅威が広がりつつあります。

近隣諸国では、毎年多くの人が狂犬病にかかった動物に噛まれて亡くなっています。日本でも狂犬病の発生・流行によりこのようなことが起こることがないよう、年に1回必ずワクチンを接種しましょう。

混合ワクチン
伝染病への適切な予防対策が重要です。

国内ではジステンパー、犬伝染性肝炎、パルボウイルス感染症、ケンネルコフ、コロナウイルス性腸炎、レプトスピラ感染症など、様々な伝染病がいまだに発生しています。これらの伝染病は発症してしまうと命に関わることも少なくありません。ワクチンによる予防をおすすめいたします。

具体的なワクチン

  • 犬: 2,5,6,7種混合ワクチン
    (無料で便検査を行います)
  • 猫: 3種および猫白血病ワクチン
    (無料で便検査を行います)
※便検査で寄生虫の有無、細菌バランス、消化状態などが分かります

フィラリア予防

フィラリアは最終的に
死に至る恐ろしい寄生虫です。

蚊によって媒介され、心臓に寄生するフィラリアは犬だけでなく、人間や猫にも感染することがあります。蚊の発生する5、6月から11月頃の期間中に予防薬を投与することで、フィラリアの脅威からワンちゃんネコちゃんを守ります。近年、ネコ用の安全な予防薬も開発されました。このフィラリア予防薬はノミや耳ダニ、回虫にも効果を発揮します。

フィラリアの寄生の有無を検査します。

フィラリアの予防薬は、すでにフィラリアに感染しているワンちゃんネコちゃんに投与すると、激しいアレルギー反応を起こすことがあり、危険です。当院では、まず予防薬の処方の前にフィラリア症の検査を行います。もし、万が一フィラリア症にかかっていたら、駆除薬による治療や緊急を要する場合は外科手術を行う等、必要な処置を行います。