スタッフ紹介

  • HOME
  • スタッフ紹介

院長 石井 宏志 (いしい ひろし)

院長 石井 宏志 近影

獣医学博士

【略歴】
群馬県立前橋高等学校卒
麻布大学獣医学部獣医学科卒
麻布大学獣医学部博士前期課程卒

【研修歴】
永岡犬猫病院(現 みなとよこはま動物病院)
Veterinary Teaching Hospital – Colorado State University
(コロラド州立大学獣医教育病院)
Animal Specialty & Emergency Center – Los Angels, CA
(カリフォルニア動物病院)
麻布大学附属動物病院 腎泌尿器科

【研究歴】
群馬大学医学部 微生物学教室:薬剤耐性菌に対する分子生物学的研究
麻布大学第一外科教室:消化管腫瘍の内視鏡手術と表面構造による分類を研究
東京女子医科大学 先端生命医科学研究所 先端工学外科学分野:より安全で身体に負担の少ない新規治療方法の開発と比較腫瘍学(人と動物)の研究

【委員および役員】
獣医内視鏡外科研究会(JSVES) 理事
Colorado State University – Ambassador to Japan
元 日本動物病院福祉協会(JAHA) 学術委員

【所属学会】
〈国内獣医学〉
日本獣医内視鏡外科研究会
日本獣医麻酔外科学会
日本獣医がん学会 他 
〈国内医学〉
日本コンピュータ外科学会
日本内視鏡外科学会
〈海外〉
獣医がん研究会
アメリカ動物病院協会

私と対照的にまっ白なトイプードルの「プル」

ページの先頭へ

副院長 南 直秀 (みなみ なおひで)

副院長 南 直秀 近影

自己紹介 主な専門分野:がん免疫療法、再生医療。
出身地は三重県です。伊勢神宮が近いですが、実家の周囲は畑と田んぼだらけの田舎です。小さいころから色々な動物が身近にいましたが、動物と暮らすということ意識したのは中学生の頃で、その時初めて獣医師という職業を知り、将来の仕事を決めたように記憶しています。趣味はオートバイであちこちに出かけること、野鳥観察、植物の写真を撮ることです。
主な活動・実績

北海道大学卒業。
通常の外来診療や外科手術に加えて、がん免疫療法および再生医療なども担当させていただいております。

【業績】
動物医療マネジメントクラブ Web Clinic2007年5月「Vol.8 ガン免疫療法(動画配信)」
愛犬の友2007年12月号「獣医療情報 動物医療の最前線95「免疫治療」とは」
PAFE japon2008年10月総力特集「わが子ががんになったとき家族と医療ができること」
日本獣医臨床病理学会2008年大会シンポジウム「我が国の伴侶動物に対するがん細胞免疫療法について考える」にて当院で実施している免疫療法を発表
ねこのきもち2010年2月号「早期発見と最新医療でがんがら愛猫を守る!」
NIKKEI TRENDY NET 2011年4月「どうするペットのリスクヘッジ!備え・訓練・心構えとは」等

ページの先頭へ

獣医師 後藤 未子(ごとう みね)

>獣医師 後藤 未子 近影

自己紹介 内科部長(現在歯科を勉強中です!)
東京都下に生まれ育ち、学校も就職も多摩地域から離れずはや○十年経ちました。趣味は愛犬(チワワ)とのスロージョギングと、お手軽日帰り温泉巡りです。
主な活動・実績 日本獣医生命科学大学(旧 日本獣医畜産大学)卒業。
日本小動物歯科研究会、日本獣医がん学会に所属しています。

ページの先頭へ

獣医師 神宮司 恵子(じんぐうじ けいこ)

自己紹介 主な専門分野は皮膚科です。
お散歩中に飼い主様を見上げてしっぽを振っているわんちゃんや、飼い主様に甘える猫ちゃんを見るとうれしくなります。そんな幸せな子たちがいつまでも元気で飼い主様と一緒にいられるようにお手伝いしたいと思います。
主な活動・実績 日本獣医生命科学大学(旧 日本獣医畜産大学)卒業。
東京農工大学皮膚科二種研修医として2010年から2年間研修。
日本獣医皮膚科学会、小動物歯科研究会、日本獣医がん学会に所属しています。 
日本獣医皮膚科学会の認定医です。

チワワの「ちょび」と記念のツーショット

ページの先頭へ

獣医師 小寺 祥平(こでら しょうへい)

自己紹介 広島県出身。青森県十和田市にて、大学生活を過ごしたせいか、趣味はスノーボード。雪のないときはテニスです。当院に勤務して4年目になりますが、勤務後はあまりできず、その結果太りました(笑)。院内ではしゃべってばかりの騒がしい人間ですがよろしくお願いします。
【診察日は毎週月曜日になりました】
主な活動・実績 北里大学卒業。現在は整形外科に興味があり、特に力を入れています。また、東京女子医大での研究のお手伝いもしております。

ページの先頭へ

獣医師 豊口 翠(とよぐち みどり)

自己紹介 とにかく動物大好き!小さな頃からワンちゃん・ニャンちゃんにまみれて育ちました。休日は愛犬のショパン(底抜けに明るいイタグレ男子)とのんびり過ごします。身長150cmのちびっこですが、心は大きく?頑張ります!
主な活動・実績 北里大学(獣医微生物学研究室)卒業。
日本小動物歯科研究会に所属しています。
現在、免疫療法の勉強中です。

ノリがいいイタリアングレーハウンドの「ショパン」

ページの先頭へ

獣医師 児玉 崇敬(こだま たかのり)

自己紹介 東京都出身。愛犬はラブラドールのサム、ケアーンテリアのカーン、シーズーのアンです。人と動物の絆を尊重し、人と動物が、みんな健康で幸せに生きていくことを目標に、日々診療に取り組んでいます。日頃気になっていることがあれば、何でもお話しください。宜しくお願いいたします。
主な活動・実績 日本獣医生命科学大学(旧 日本獣医畜産大学)卒業。獣医外科学教室出身です。一般診療もさることながら、外科学を中心に学んでいます。新参者ですが宜しくお願いいたします。

愛犬の「カーン」「アン」。「サム」は家でお留守番

ページの先頭へ

獣医師 佐々木 浩景(ささき ひろかげ)

自己紹介 動物と家族の付き合い方は様々だと思います。どんなふうに一緒に暮らしていきたいかお聞かせください。理想の関係を築けるようなお手伝いができれば嬉しいです。
主な活動・実績 北里大学(第一外科研究室)卒業。
大学時代は外科ばかりでしたが、内科の大切さも痛感し、ジェネラリスト目指して勉強中です。

ページの先頭へ

獣医師 齋藤 尋里(さいとう ひろさと)

自己紹介 埼玉県さいたま市(旧浦和)出身の齋藤尋里と申します。オーナー様の家族の一員である、ワンちゃん・ネコちゃんの健康のサポートが出来ればと思います。些細なことでも、気になることがあれば気軽にお話しください。また地元の浦和レッズを応援してます。テレビっ子なので、面白い番組がありましたら、ぜひ、教えてください。どうぞよろしくお願いします。
主な活動・実績 日本大学卒業。今年の4月より勤務しております。内科全般に興味があり、大学時代に肝臓病について研究していたので、特にその分野の知識を伸ばしていけたらと思います。

ページの先頭へ

獣医師 山本 静孝(やまもと しずたか)

自己紹介 東京都出身。時間さえあればヴィオラやピアノを弾いていましたが、一人暮らしを始めた今は西荻の街を散歩することが趣味になりました。
主な活動・実績 北里大学(第一外科研究室)卒業。
腎臓の移植についての研究をしていました。

ページの先頭へ

獣医師 吉岩 香織(よしいわ かおり)

自己紹介 みなさまの大切なご家族の一員であるワンちゃん、ネコちゃんの健康を守るため、いつも身近な存在であることを心がけています。
主な活動・実績 北里大学卒業。長いブランクを経て、2007年より勤務しております。
免疫療法のお手伝いもしていますので、内容や方法についてわかりやすく説明いたします。

ページの先頭へ

獣医師 本庄 真奈(ほんじょう まな)

自己紹介 東京都出身。子育て真っ最中のママです。
ワンちゃん、ネコちゃんが飼い主様を見つめる瞳は愛と信頼に溢れています。 いつまでもその輝きを保つために、眼科診療を通して貢献させていただきます。
主な活動・実績 日本大学生物資源科学部(旧・農獣医学部)卒業
【所属】
比較眼科学会(JSCVO)、日本獣医眼科カンファレンス(JVOC)、獣医眼科手術研究会、 日本小動物歯科研究会
【研修歴】
麻布大学眼科専科研修医修了
JSCVO獣医臨床生涯教育プログラム修了
JVOC獣医眼科基礎講習会修了

ページの先頭へ

獣医師 鈴木 遊大(すずき ゆうだい)

自己紹介 東京都出身。趣味はランニングで、暇さえあれば近所を走っています。
あられという犬とレオンという猫を飼っています。
主な活動・実績 東京農工大学(獣医伝染病学研究室)卒業。
大学ではオゾン水の研究をしていました。

ページの先頭へ

獣医師 早部 裕紀(はやべ ゆうき)

自己紹介 群馬県出身。学生時代は野球をしていましたが、身体を動かすことが好きなので色々なスポーツに挑戦したいと思っています。
主な活動・実績 北里大学(薬理学研究室)卒業。
大学時代は高血圧症に関する研究をしていました。

ページの先頭へ

研究員 黒飛 裕美 (くろとび ひろみ)

自己紹介 茨城県出身。先端医療研究所ピュアベッツにてがん免疫療法・再生医療のための細胞管理ならびに研究員をしております。再生能力の高い有尾両生類の飼育が好きです。
主な活動・実績 帯広畜産大学卒業。東京女子医科大学先端生命研究所研究生(再生医工学分野)。
個々のワンちゃんネコちゃんに合った質の高い細胞治療が行えるよう、大学や病院外部の専門医からの指導を受けながら日々研究に努めております。